TL-922 の1kW改造概要

何を変更するかというと次の2点です。

1、電源トランスの2次電圧をCW=800V、SSB=1200Vにするために、使っていなかった巻き線を使うようにする。
  (改造後はSSB-CWの切り替えSWはモード切替ではなく出力のHI-LOW切り替えになります。)

2、500W仕様ではバイアスはCW=7.5V、SSB=0Vにしていたのを、両方とも7.5Vにする。

と、非常に簡単なことです。

ついでに、よく壊れるグリッドRFCを削除して直接接地にすると良いです。
さらに、100Vリレーを12Vの小型リレー(接点容量は十分あるもの)に換えるとエキサイタのために良いです。

簡単な事ですが製造時期によって配線がここの記事と若干違っていたり
高圧電源を扱うなど危険も多いので、改造をためらっている方に

費用15,000円(往復送料は別)で改造を承ります
また、故障修理もお受け致しますのでお問い合わせください。

メールでお問い合わせ下さい